水道給水用高密度ポリエチレン管

HIGHER_PERFORMANCE_POLYETHYLENE_PIPES_FOR_WATER_SUPPLY

水道給水用高密度ポリエチレン管(1種二層管)
水道給水用高密度ポリエチレン管(1種管ブルー)

JIS K 6762寸法 & JWWA K 144材料のベストコンビネーションで、給水管のネクストスタンダードをご提案します。


1993年のJIS改正以来、給水管として広くご採用いただいております水道用ポリエチレン二層管(1種二層管)の材料を高性能高密度ポリエチレン(HPPE/PE100)にグレードアップし、水道給水用高密ポリエチレン管
(1種二層管)を開発しました。

さらに、水道配水用ポリエチレン管(JWWA K 144)で実績豊富な単層の水道給水用高密度ポリエチ レン管(1種管ブルー)もご用意しました。


耐火配管システム

ご興味のある項目をクリックしてください。

開発の経緯 Development History

1. 製品コンセプト

汎用給水管とも言える水道用ポリエチレン二層管(1種二層管)をベースに水道事業者様のご要望にお応えできる性能・機能を有し、また経済性も考慮した合成樹脂製の給水管とその継手。

2. 水道事業者様の給水管に対するご要望

①耐震化が進む配水管路と同レベルの「耐震性」
➁100年寿命の配水管にマッチした「長寿命性」
③「更新・補修」「災害時の緊急復旧」「広域連携」の 支障にならない「利便性」

3. クボタケミックスのご提案

「耐震性」や「長寿命性」に優れるHPPE/PE100を材料とし、1種二層管寸法で継手共用の 「利便性」を確保した水道給水用高密度ポリエチレン管を開発しました。

さらに、水道配水用ポリエチレン管と同じくEF継手を品揃えし、接合方法の選択技を増やしました。

配管例Piping Example

配管例

特長 Features

材料

材料は高性能高密度ポリエチレン
HPPE/PE100です。

寸法

JIS K 6762の水道用ポリエチレン二層管(1種二層管)と同寸法です。(1種管ブルーは青色の単層管です。外径、全体厚さ、内径は1種二層管と同寸法です。)

接合方法

EF継手と金属継手の二つの接合方法を選択できます。
EF接合では、配水管から給水管まで一体構造管路を構築できます。

指針類

(公財)給水工事技術振興財団「給水装置工事技術指針2020」に、高密度ポリエチレン樹脂(PE100)を主原料とする「水道給水用ポリエチレン管」が掲載されました。

KCのEF継手の利点1

クランプ機能付EF継手*
固定工具のクランプが不要です。

 

KCのEF継手の利点2

同時通電工法* EF継手を2個同時に通電ができます。
工夫次第で施工時間を短縮することが可能です。

 

水道用ポリエチレン二層管(1種二層管)との比較

ラインナップ Lineup

直 管

表中記号 JP:日本ポリエチレンパイプシステム協会規格

水道給水用高密度ポリエチレン管
(1種二層管)品番7001

公益社団法人日本水道協会認証登録品 登録番号 管E–9

寸法

※スクロールでご覧いただけます。

単位 : mm

呼び径 D
(平均外径)
t t1 t2 d
(近似内径)
L
(m)
参考コイル巻径(cm) 参考質量
(kg/m)
規格
内径 相当外径
13 21.5±0.15 3.5±0.30 2.0 1.5±0.3 14.5 4
5
30
90 110 0.190 JP K 002
20 27.0±0.15 4.0±0.30 2.5 1.5±0.3 19.0 90 110 0.277
25 34.0±0.20 5.0±0.35 3.5 1.5±0.3 24.0 110 140 0.437
30 42.0±0.20 5.6±0.40 3.6 2.0±0.4 30.8 160 180 0.615
40 48.0±0.25 6.5±0.45 4.5 2.0±0.4 35.0 160 180 0.814

備考

  • D(平均外径)とは、管端から外径相当長さ以上離れた箇所での、相互に等間隔な2方向以上の外径測定値の平均値をいいます。
  • 許容差を明記していない寸法は、参考寸法です。
  • 長さ4m、5mは直管、長さ30mはコイル管です。呼び径30、40のコイル管は受注生産品です。
水道給水用高密度ポリエチレン管
(1種管ブルー)品番7005

公益社団法人日本水道協会認証登録品 登録番号 管E–9

寸法

※スクロールでご覧いただけます。

単位 : mm

呼び径 D
(平均外径)
t d
(近似内径)
L
(m)
参考コイル巻径(cm) 参考質量
(kg/m)
規格
内径 相当外径
13 21.5±0.15 3.5±0.30 14.5 4
5
30
90 110 0.190 JP K 001
20 27.0±0.15 4.0±0.30 19.0 90 110 0.277
25 34.0±0.20 5.0±0.35 24.0 110 140 0.437
30 42.0±0.20 5.6±0.40 30.8 160 180 0.615
40 48.0±0.25 6.5±0.45 35.0 160 180 0.814

備考

  • D(平均外径)とは、管端から外径相当長さ以上離れた箇所での、相互に等間隔な2方向以上の外径測定値の平均値をいいます。
  • 許容差を明記していない寸法は、参考寸法です。
  • 長さ4m、5mは直管、長さ30mはコイル管です。呼び径30、40のコイル管は受注生産品です。

継手・付属品

継手・付属品の品揃え、寸法等の詳細は、カタログをご覧ください。

①EF継手

②スピゴット継手

③EFサドル

④金属継手

⑤補修継手

 


参考資料 Reference Material


布設歩掛

ポリエチレン管(融着接合)布設歩掛表
ポリエチレン管(融着接合(EF接合))布設工
呼び径 据付工(10m当り) 継手工(1箇所当り) 機械器具損料
及び
消耗品
配管工
(人)
普通作業員
(人)
配管工
(人)
普通作業員
(人)
20 0.07 0.12 0.03 0.03 労務費の
8.5%
25 0.07 0.12 0.03 0.03
30 0.08 0.14 0.03 0.03
40 0.08 0.14 0.04 0.04

備考:継手工は2口(継手1個の両端)継手工とする。
出典:日本ポリエチレンパイプシステム協会技術資料(2020年版)

基本物性

性質 項目 単位 設置方法




密度 kg/m³ 960 JIS K 7112
引張降状強さ MPa 24 JIS K 7161
引張破断伸び % 650 -
曲げ強さ MPa 24 JIS K 7171
引張弾性率 MPa 1300 JIS K 7161
曲げ弾性率 MPa 1000 JIS K 7171
ボアソン比 - 0.47 -
衝撃強さ(アイゾット) J/cm²
23℃ 破壊せず>4.0 JIS K 7110
-20℃ 破壊せず>1.8
硬度(デュロメーター) - 63 JIS K 7215
熱間内圧クリープ強さ hr 400以上 80℃/5.5MPa



熱伝導率 W/m-K 0.38 ASTM C 177
線膨張係数 10^-5
/℃
13 JIS K 7197
比熱 J/kg・K 1.9×10^3
JIS K 7123
融点 128-132 DSC法
軟化温度(ビカット) 127 JIS K 7206
脆化温度 -70以下 JIS K 7216
燃焼性 - ゆるやかに燃焼する -
凍結の低効率 - 優秀 -




体積固有抵抗 Ω・cm 10^17以上  JIS K 6911 
耐電圧 MV/m  22  JIS K 6911
誘電圧 -  2.6  JIS K 6911(10^3HZ)
 吸水率  0.03以下  JIS K 7209

備考:上表の数値は標準値を示し、保証値ではありません。

KCコミュニティのご案内KC Community
KCコミュニティにご登録いただくと、メルマガにて最新の技術情報や事例の情報をすぐご確認いただけます。
お問い合わせContact US
製品に関するお問い合わせ、技術相談等はこちらへ。

製品・資料検索
  • キーワード検索
  • 品番検索
ピックアップ製品PICKUP PRODUCT

ピックアップ製品

主要製品の詳細と新製品の特長等をまとめました。

PAL
新製品をはじめ最新施工現場などの事例を紹介しています。
PAL
KCコミュニティの
ご案内KC Community
KCコミュニティにご登録いただくと、メルマガにて最新の技術情報や事例の情報をすぐご確認いただけます。
ページの先頭へ