接着剤

adhesive

ご興味のある製品をクリックしてください。

ご興味のある項目をクリックしてください。

優れた管材性能を引き出すラインナップ

クボタケミックスの硬質ポリ塩化ビニル製配管材は優れた施工性、経済性が認められ、上下水道といったインフラ分野から宅地内、建物内の配管まで幅広く使用されております。
塩ビ管の接合には、接着剤を使用する接着接合、滑剤を使用するゴム輪接合方法があります。
又、下水道等の施工においてコンクリート製品との接合や、強度と安全性が必要な個所には接合剤を使用します。

※安全で確実な管路施工のために、管種・用途に応じた専用製品をご使用ください。

ラインナップ

接着剤Adhesives

塩ビ管用の接着剤は有機溶剤に基材(塩ビ樹脂)を溶解し接着面を拡散接着する仕組みです。
有機溶剤には引火性や中毒性がありますので、使用上のご注意や適用法令の遵守をお願いします。
クボタケミックスの給水・水道配管用接着剤「タフダイン青」「タフダイン赤」「タフダインHI」「タフダインHI白」は日本水道協会規格 JWWA S101「水道用硬質塩化ビニル管の接着剤」に準拠しております。給水・水道配管には専用接着剤を使用してください。
接着剤は未開封で冷暗所に保管した状態で一般的に2年程度は使用可能です。HT用接着剤は未開封でも使用期限があります。開封後において、「溶剤の臭いが無い」、「ゼリー状に固まっている」ような状態では使用しないでください。

 製品名 容量 粘度 適用口径 配管用途
タフダイン青 100g、500g、1kg 低粘度速乾性 150mPa・s 13~150 水道、一般
乾きやすい為、Φ200以上の配管には適しません
タフダイン赤 500g、1kg 高粘度速乾性 2500mPa・s 65~300※ 水道
粘度が高いので、暑い地域や大口経の水道配管に適しています。
タフダイン黄 1kg、3kg 高粘度遅乾性 1000mPa・s 200以上※ 一般
乾きを遅くしているので、中大口経配管に適しています。(水道配管には使用しないでください)
タフダインHI 500g、1kg 低粘度速乾性 500mPa・s 13~300※ HI・水道、一般
接着剤の強度を高めたHI用接着剤。VP管にも使用できます。
タフダインHI白 500g、1kg 低粘度速乾性 500mPa・s 13~300※ HI給水配管
透明給水継手とセットで使用することで施工の見える化が図れます。
タフダインHTタイネツ 100g、250g、500g 低粘度速乾性 500mPa・s 13~150 給湯、高温排水
耐熱樹脂をブレンドしたHT配管専用接着剤。片側がVP、VUの場合もこちらを使用してください。
カラータフダインブルー 500g、1kg 低粘度速乾性 500mPa・s 30~150 一般
透明DV継手とセットで使用することで施工の見える化が図れます。

※呼び径200以上の大口径の場合には、缶から別の金属容器に必要分だけ取出し、大きめの刷毛で塗布してください。

滑剤Lubricants for rubber ring joints

塩ビ管のゴム輪接合には滑剤を使います。
クボタケミックスの滑剤は塩ビ管接合時の挿入力や口径に合わせた粘度に調整しております。ゴム輪に悪影響を与える成分も入っておりませんので、専用滑剤をご使用ください。
Vソープは人体に優しいカリ石鹸を主成分としており、水道用途にも安心してご使用いただけます。
Vスプレーはシリコーンオイルを主成分としております、刷毛が不要で、狭い所での使用に適しています。

滑材

製品名 容量 主成分
Vソープ 1kg、2kg カリ石鹸
Vスプレー 340ml シリコーンオイル

接合剤Epoxy adhesives

クボタケミックスでは二液性エポキシ系接合剤として「KCケーシーボンド」と「タフタイトEPSを」販売しております。
エポキシ樹脂は汎用的に金属、樹脂、骨材等幅広い素材に対し耐久性に優れた接合剤として使用されております。又、二液性エポキシ樹脂は常温で硬化するのが特長です。
クボタケミックス「KCケーシーボンド」は塩ビ管と下水継手・コンクリート製品との接合部向けに開発しております。又、温度変化の激しい日本の気候に合わせた硬化剤の配合により、温暖期用と寒冷期用をご用意しております。
「タフタイトEPS」は円形管への支管取付に使用します。硬化時間が早いのが特長です。

スパイラル推進管専用に変成シリコーン系接合剤「SPエスピーボンド」もご用意しております。

滑材

変成シリコーン樹脂は水に強く、硬化後も弾性を有する特長があります。

※一般的に変成シリコン系接合剤は製造ロットから1年程度で容器内で硬化してしまいます。開封時にゴム状に硬化していたら使用しないでください。

製品名 主成分 使用温度範囲
KCケーシーボンド 温暖期 エポキシ樹脂 0°C~20°C
KCケーシーボンド 寒冷期 エポキシ樹脂 10°C~40°C
タフタイトEPS エポキシ樹脂 0°C~30°C
SPエスピーボンド 変成シリコーン樹脂  

樹脂系接合剤は温度が低いと硬くなる性質があります。
使いにくい場合は湯煎等で温めた上ご使用ください。

二液性接合剤硬化時間

  KCケーシーボンド
温暖期用
KCケーシーボンド
寒冷期用
タフタイトEPS
0°C 約120分 約60分
10°C 約120分 約60分 約40分
20°C 約60分 約40分 約30分
30°C 約45分 約15分
40°C 約30分

使用量 Amount to apply

これらの使用量は目安を示すものであり、発注時には現場のロスを見込んで2~3割多めにしてください。

ビニル系接着剤の使用量

TS受口の場合

g/1ヶ所

呼び径 13 16 20 25 28 30 35 40 50 65 75 100 125 150 200 250 300 350 400 450 500 600
タフダインHI,HI(白) 0.6 0.8 1.1 1.6 - 2.1 - 3.3 4.8 6.6 8.1 13 20 30 55 85 120 - - - - -
タフダイン赤 0.9 1.2 1.7 2.4 2.6 3.2 3.5 5.0 7.1 9.9 12 20 30 45 80 130 180 - - - - -
タフダイン青 0.6 0.8 1.1 1.6 1.7 2.1 2.3 3.3 4.8 6.6 8.1 13 20 30 - - - - - - - -
タフダインHT 0.6 0.8 1.1 1.6 - 2.1 - 3.3 4.8 6.6 8.1 13 20 30 - - - - - - - -
タフダイン黄 - - - - - - - - - - - - - - 70 105 150 205 265 330 410 595

備考 使用量は表面積1㎡あたり、タフダイン赤は300g、タフダインHI、HI(白)、青、HTは200g、タフダイン黄は250gで求めたものです。

DVおよびHTDV受口の場合

g/1ヶ所

呼び径 20 25 30 40 50 65 75 100 125 150 200 250 300 350 400 450 500 600
タフダイン青 - - 3 4 5 7 10 15 20 30 - - - - - - - -
カラーダフダインブルー - - 3 4 5 7 10 15 20 30 - - - - - - - -
タフダインHT 0.8 1.1 - 4 5 - 10 - - - - - - - - - - -
タフダイン黄 - - - - - - - - - - 55 90 125 175 220 275 350 525

備考 HTDV受口にはタフダインHT以外の接合剤は使用できません。

滑剤の使用量

g/1ヶ所

呼び径 40 50 65 75 100 125 150 200 250 300 350 400 450 500 600
Vソープの使用量 5 5 6 7 10 15 20 25 35 50 65 90 115 140 190

ヶ所/缶

呼び径 150 200 250
Vスプレー1缶当りの接合ヶ所数 35ヶ所 23ヶ所 15ヶ所

接合剤使用量

ビニル本管用支管取付け時の接着剤・接合剤使用量

g/1ヶ所

接着剤・接合剤の種類 支管の呼び径
100 125 150 200 250 300
SVR用接合剤 100 100 100 100 - -
KCケーシーボンド 400 400 400 400 500 600
タフタイトEPS 250 250 250 250 - -

本管がEパイプの場合や、一段落支管の取付けには、タフダイン黄およびSVR用接合剤を使用しないでください。

鉄筋コンクリート管用支管取付け時の接合剤使用量

g/1ヶ所

接合剤の種類 本管の呼び径 支管の呼び経
100 125 150 200 250 300
KCケーシーボンド 150~300 700 800 900 1050 2500 -
350~450 850 950 1100 1250 2900 4300
500~900 1100 1250 1450 1600 3100 4500
1000以上 1150 1300 1550 1700 3200 4600

備考 本表は、90度支管に適用します。管軸60度支管は、本表の50%増とします。

AA・BA継手取付時の接合剤使用量

g/1ヶ所

接合剤の種類 本管の呼び径 AA・BA継手の呼び径
100 125 150 200
KCケーシーボンド 150~450 510 630 760 1010
500~800 630 800 950 1230
900~1350 770 990 1210 1550
1500~2000 940 1200 1430 1760
リブ支管取付け時の接合剤使用量

g/1ヶ所

接合剤の種類 本管の呼び径 取付け管の呼び径
100~200
KCケーシーボンド 150、200 標準500~700g/箇所
250、300 標準700~900g/箇所
350~450 標準900~1200g/箇所
推進用スパイラル継手付直管接合時の接合剤(SPエスピーボンド)使用量

g/1ヶ所

呼び径 150 200 250 300 350 400 450 500
使用量 60 80 100 130 190 220 260 300
接合可能箇所目安
(箇所/1本)NET400g
6 5 4 3 2 1.8 1.5 1.3

適用法令Applicable legislationl

クボタケミックス接着剤・接合剤 適用法令概要
性状 製品名 適用法令
消防法 化学物質管理促進法(PRTR)
ビニル系 タフダイン各種
(赤、青、黄、HI、HI(白)HT耐熱)
カラータフダインブルー
第四種(引火性液体)第一石油類 危険等級2 非該当
SVR用接合剤 第二類(引火性固体)危険等級3 非該当
ゴム系 MRGP接着剤 第四種(引火性液体)第一石油類 危険等級2 非該当
エボシキ系 KCケーシーボンド
(温暖期用、主剤)
非該当 非該当
KCケーシーボンド
(温暖期用、硬化剤)
非該当 非該当
KCケーシーボンド
(寒冷期用、主剤)
非該当 非該当
KCケーシーボンド
(寒冷期用、硬化剤)
非該当 非該当
タフタイトEPS(主剤) 非該当 第1種指定化学物質
(n-プチル-2.3-エポキシプロピルエーテル)
タフタイトEPS(硬化剤) 非該当 第1種指定化学物質
(クレゾール(混合異性体)、フェノール)
異種管用KCケーシーボンド(主剤) 第四類(引火性液体)第三石油類 危険等級3 非該当(2009/10/1改正後)
(改正前)第1種指定化学物質
(4.4'-イソプロピリデンジフェノールと
1-クロロ-2.3-エポキシプロパン重縮合物(液状))
異種管用KCケーシーボンド(硬化剤) 第四類(引火性液体)第四石油類 危険等級3 非該当
シリコーン系 SPエスピーボンド 非危険物 指定可燃物(合成樹脂類) 非該当
KP接合剤 非危険物 指定可燃物(合成樹脂類) 非該当
滑剤 Vソープ 非該当 非該当
Vスプレー 第四種(引火性液体)第一石油類 危険等級2 非該当

※F☆☆☆☆について
シックハウス対策の規制を受け る化学物質はクロルピリホス及びホルムアルデヒドが該当します(令第20条の5)。クボタケミックスの接着剤には該当化学物質は一切含まれておりません

注意事項notice

■ 接着接合の基本事項

接着剤を使用する際は差口を規定量面取りしてください。
接合面を乾いたウエスなどで清掃してください。塗布面に水、埃、油類等が付着していると接着不良の原因となります。
接着受口にはテーパ―がついています。接合時には規定の時間、接合部保持をお願いします。

■ 安全上のご注意

クボタケミックス接着剤・接合剤・滑剤のご使用にあたっては、下記の安全上のご注意をお読みいただき、必ずお守りください。

※取扱いに関する詳細は、巻末に記載の『安全上のご注意』をご熟読ください。
※各製品のパッケージにも取扱い上の注意、接合時の注意等が表記されていますので、ご使用前に必ずお読みください。

用法・用量を守って正しい施工

火気厳禁

火気厳禁
有機系溶剤による中毒や火災を防止するため、作業現場では換気に注意し、火気を避けてください。

マスクや手袋の着用を

マスクや手袋の着用を
取扱い中はできるだけ皮膚に触れないようにし、必要に応じて有機ガス用防毒マスク、または送気マスク、保護手袋、保護メガネなどを着用してください。
また、万一皮膚に 触れた場合は、速やかに石鹸と水でよく洗い落としてください。

手洗い・うがいを励行

手洗い・うがいを励行
取扱い後は手洗いやうがいを十分に行ってください。

目に入ったら医師の診断を

目に入ったら医師の診断を
誤って目に入った場合は、こすったりしないで速やかに医師の診断を受けてください。

古いもの、異物の混入したものは使わない

古いもの、異物の混入したものは使わない
土砂や水の混入したものや、古くなって固まりかけた接着剤をシンナー等で薄めて使用しないでください。接着効果が低下し、配管の抜けや漏水の原因になります。

保管は火気を避けて冷暗所に

保管は火気を避けて冷暗所に
火気を避け、温度が40℃以下の一定の場所(冷暗所)を定めて保管してください。また、使用後は容器のフタを正しくしっかりと閉めてください。

二液型接合剤は正しく混合

二液型接合剤は正しく混合"
主剤と硬化剤は等量を取出し、色ムラがなくなるまで十分に練り合せてからご使用ください。練不足があると接合力が低下しますので、ご注意ください。

保管は条例にしたがって

保管は条例にしたがって
接着剤は消防法第2条の「危険物第4類第1石油類」に該当するため、200リットル以上 保管する場合は危険物倉庫内に保管してください。(ただし、都市によっては200リットル未満でも火災予防条例等の規制を受けますから、ご注意ください。)

季節に応じて使い分けを

季節に応じて使い分けを
接着剤や接合剤は、季節(気温)に応じて粘度等の異なる製品があります。使用時期に応じた製品をご使用ください。

他用途への流用禁止

他用途への流用禁止
塩ビ管用接着剤や樹脂系接合剤は、塩ビ管・継手の接合用として開発されたものです。他の用途には流用しないでください。

ゴム輪接合には専用滑剤を

ゴム輪接合には専用滑剤を
ゴム輪接合にあたっては、所定の専用滑剤をご使用ください。接着剤や油、グリス等はゴム輪を傷める恐れがありますので、絶対に使用しないでください。
使用・保管上のご注意は以下のボタンよりPDFでご覧いただけます。
KCコミュニティのご案内KC Community
KCコミュニティにご登録いただくと、メルマガにて最新の技術情報や事例の情報をすぐご確認いただけます。
お問い合わせContact US
製品に関するお問い合わせ、技術相談等はこちらへ。

製品・資料検索
  • キーワード検索
  • 品番検索
ピックアップ製品PICKUP PRODUCT

ピックアップ製品

主要製品の詳細と新製品の特長等をまとめました。

PAL
新製品をはじめ最新施工現場などの事例を紹介しています。
PAL
KCコミュニティの
ご案内KC Community
KCコミュニティにご登録いただくと、メルマガにて最新の技術情報や事例の情報をすぐご確認いただけます。
ページの先頭へ