塩ビパイプ

PVC_U_pipe

ご興味のある項目をクリックしてください。

給水・圧送管用ビニルパイプ

給水・圧送管用ビニルパイプpipes for water supply

給水・圧送用にはJIS K6742 水道用硬質ポリ塩化ビニル管を使用します。
JIS K6742には水道用硬質ポリ塩化ビニル管(水道用VP)、水道用耐衝撃硬質ポリ塩化ビニル管(水道用HI・VP)の2種類が規定されております。

HI・VPは通常の塩ビ樹脂に改質剤を添加し分散させることにより、大きな衝撃が加わったときに分散している改質剤が衝撃エネルギーを吸収し、破損などを防ぐことが出来る構造となっています。

クボタケミックスでは、水道用VP、水道用HI・VPをφ13~φ150までご提供しております。
厚生労働省が定める水質基準に関する省令に適合しており、屋内給水管から配水支管に至るまで広くご使用いただいております。

また、耐熱用硬質ポリ塩化ビニル管(HT・VP)としてφ13~φ50までJIS K6776が規定されております。
クボタケミックスはHTVP管を、JIS K6776に加えφ150までご提供しております。
HTVPは耐熱性の改質剤を加えることにより、圧力管路では0.2MPaで最高80℃までのお湯を通水可能となります。
使用温度により設計圧力が変わります。詳細は下記(2)HTの温度別ー設計圧力を参照ください。

給水用管種別の使用温度と圧力

(1)HI-VP、VP、VU及び主要な継手の使用温度範囲と使用圧力ならびに設計圧力

※スクロールでご覧いただけます。

パイプ 主要な継手 用 途 使用温度範囲(注) 使用圧力ならびに設計圧力(注)
水道用耐衝撃性硬質ポリ塩化ビニル管 HI-VP
水道用硬質ポリ塩化ビニル管 VP
HITS継手
TS継手
給水用
水道用
常温(5~35℃) 使用圧力(静水圧) :0.75MPa
設計圧力(静水圧+水撃圧):1.0MPa

(注)

  • 使用温度範囲と使用圧力ならびに設計圧力は、継手の種類または接合方式によって異なる場合があります。
  • 管内流速が速くなると水撃圧が高くなるのでご注意ください。(管内流速は、原則として2m/s以下となるようにしてください。)
  • 塩ビ管は温度差により熱伸縮しますので、塩ビ露出配管には伸縮処理が重要です。
  • 塩ビ管の地中埋設深さは、敷地内車両経路では管の上端より600mm以上、それ以外では呼び径30以下は300mm、呼び径40~65は450mm、呼び径75以上は600mm以上としてください。但し、寒冷地では凍結深度以上としてください。また、2m以上の深埋設の場合は埋設強度計算が必要です。
(2)HT の温度別ー設計圧力(静水圧+水撃圧)

※スクロールでご覧いただけます。

パイプ 継手 用 途 呼び径 温度別ー設計圧力(静水圧+水撃圧)
耐熱性硬質ポリ
塩化ビニル管 HT
HT 継手 給湯
温泉引湯
13~50 使用温度(℃) 5~40 41~60 61~70 71~90(注)
設計圧力 1.0MPa 0.6MPa 0.4MPa 0.2MPa
65~150 使用温度(℃) 5~40 41~60 61~70 71~85(注)
設計圧力 1.0MPa 0.4MPa 0.25MPa 0.15MPa

(注)

  • 圧力管の連続常用温度範囲は、呼び径13~50は5~85℃、呼び径65~150は5~80℃となります。
  • HTパイプの温度差による線膨張係数は、銅管・鋼管の4~6倍ですので、HT配管には特に伸縮処理が重要です。

寸法一覧

※スクロールでご覧いただけます。

呼び径 外径D
基準寸法
厚さt
(基準寸法)
水道用硬質
ポリ塩化ビニル管
水道用VP
JISK6742
水道用耐衝撃性
硬質ポリ塩化ビニル管
水道用HI・VP
JISK6742
耐熱性硬質
ポリ塩化ビニル管
HTVP
JISK6776
長さL 長さL 長さL
13 18 2.5 4000 4000 4000
16 22 3 4000 4000 4000
20 26 3 4000 4000 4000
25 32 3.5 4000 4000 4000
30 38 3.5 4000 4000 4000
40 48 4 4000・5000 4000・5000 4000
50 60 4.5 4000・5000 4000・5000 4000
65 76 4.5(HT5.0) 4000 4000 ● 4000
75 89 5.9 4000・5000 4000・5000 ● 4000
100 114 7.1 4000・5000 4000・5000 ● 4000
125 140 8.2 4000・5000 4000 ● 4000
150 165 9.6 4000・5000 4000・5000 ● 4000

●印メーカー規格品

排水・通気用ビニルパイプpipes for drainage ventilation

排水・通気用にはJIS K6741 硬質ポリ塩化ビニル管を使用します。
JIS K6741にはVP管、HIVP管、VU管の3種類が規定されております。

クボタケミックスでは、一般用VP管はφ40~φ300、VU管はφ40~φ600をご提供しております。
一般用VP管は集合住宅の排水・通気用配管として広く使用されております。
VU管はφ100までは主に低層住宅の排水系統に使用されております。
φ150以上は商業施設や公共下水道の埋設配管等に使用されております。
VU管はVPに比べて肉厚が薄い設計となっております。

昨今では、食洗機や深夜電気温水器などがご家庭に設置されているケースが増えています。
高温排水管には金属管が主流でしたが腐食の問題があり、樹脂管の使用が増えてきております。
給水用で豊富な実績が有るクボタケミックスHTVP管がHTDV継手とセットで高温排水系統に採用されております。

排水用 管種別の使用温度と圧力

※スクロールでご覧いただけます。

パイプ 主要な継手 用 途 使用温度 使用圧力
硬質ポリ塩化ビニル管 VP DV継手 排水・通気用 5~60℃ 無圧
硬質ポリ塩化ビニル管 VU VU継手 排水用 5~60℃ 無圧
耐熱性硬質ポリ塩化ビニル管 HT HTDV継手 高温排水用 5~90℃ 無圧

※厨房排水は、調理用具洗浄剤にHTパイプ・継手を侵す成分が含まれている場合が有りますので使用はお勧めできません。

寸法一覧

※スクロールでご覧いただけます。

呼び径 外径D
基準寸法
長さL 硬質ポリ塩化
ビニル管
一般用VP
JISK6741
厚さt (最小)
硬質ポリ塩化
ビニル管
VU
JISK6741
厚さt (最小)
耐熱性硬質
ポリ塩化ビニル管
HTVP
JISK6776
厚さt (基準)
40 48 4000 3.6 1.8 4
50 60 4000 4.1 1.8 4.5
65 76 4000 4.1 2.2 ● 5.0
75 89 4000 5.5 2.7 ● 5.9
100 114 4000 6.6 3.1 ● 7.1
125 140 4000 7.0 4.1 ● 8.2
150 165 4000 8.9 5.1 ● 9.6
200 216 4000 10.3 6.5
250 267 4000 12.7 7.8
300 318 4000 15.1 9.2
350 370 4000 10.5
400 420 4000 11.8
450 470 4000 13.2
500 520 4000 14.6
600 630 4000 17.8

●印メーカー規格品

KCコミュニティのご案内KC Community
KCコミュニティにご登録いただくと、メルマガにて最新の技術情報や事例の情報をすぐご確認いただけます。
お問い合わせContact US
製品に関するお問い合わせ、技術相談等はこちらへ。

製品・資料検索
  • キーワード検索
  • 品番検索
ピックアップ製品PICKUP PRODUCT

ピックアップ製品

主要製品の詳細と新製品の特長等をまとめました。

PAL
新製品をはじめ最新施工現場などの事例を紹介しています。
PAL
KCコミュニティの
ご案内KC Community
KCコミュニティにご登録いただくと、メルマガにて最新の技術情報や事例の情報をすぐご確認いただけます。
ページの先頭へ