会社概要・沿革

outline
TOP > 会社案内 > 会社概要・沿革

クボタケミックスの基本情報と沿革を掲載しております。

会社概要 outline

社名 株式会社クボタケミックス
本社所在地 〒556-8601大阪市浪速区敷津東一丁目2番47号
TEL:06-6648-2375(代表)
代表者 代表取締役社長 田畑 勝治(たばた まさはる)
設立 2005年(平成17年)4月1日
資本金 31億9845万6千円
売上高 420億円(平成28年12月期)
従業員数 620名 (平成29年1月1日現在)
事業内容 塩ビ管・継手、ポリオレフィン管・継手および関連製品の製造、販売
営業拠点 大阪、東京、北海道(札幌市)、東北(仙台市)、中部(名古屋市)、
中国(広島市)、四国(高松市)、九州(福岡市)、沖縄(那覇市)
営業拠点一覧を見る
生産拠点 栃木工場(栃木県芳賀郡)、小田原工場(神奈川県小田原市)、
堺工場(大阪府堺市)、(株)九州クボタ化成(福岡県飯塚市)
生産拠点一覧を見る
関連会社 ・日本プラスチック工業株式会社(プラスチック製品の製造加工、販売)
・株式会社クボタプラテック(管路設計、配管指導、プラスチック製品販売)
・株式会社九州クボタ化成(塩ビ管製造)
・タキロンKCホームインプルーブメント株式会社(管工機材、建築資材、農園芸資材販売)

沿革history
【旧(株)クボタ合成管事業部】

1954年(昭和29年) 2月

堺工場敷地内にクリーンパイプ製造所(現・堺工場)を新設し、塩ビ管の生産を開始

1964年(昭和39年) 3月

合成管事業部を発足

1966年(昭和41年)12月

日本プラスチック工業(株)への資本参加

1967年(昭和42年) 2月

小田原工場に合成管部門新設

1979年(昭和54年) 8月

(株)九州製作所<現・(株)九州クボタ化成>を設立

1988年(昭和63年) 7月

クボタプラスチック管材工事(株)<現・㈱クボタプラテック>を設立

沿革 history

2005年(平成17年) 4月

シーアイ化成㈱管工機材事業部との事業統合によりクボタシーアイ株式会社を設立

2007年(平成19年) 4月

タキロン(株)と共同でタキロンクボタホームインプルーブメント(株)<現・タキロンKCホームインプルーブメント>を設立

2016年(平成28年)5月

株式会社クボタの完全子会社化 社名を株式会社クボタケミックスと改称

2017年(平成29年)3月

日本プラスチック工業株式会社を子会社化

KCコミュニティのご案内KC Community
KCコミュニティにご登録いただくと、メルマガにて最新の技術情報や事例の情報をすぐご確認いただけます。
お問い合わせContact US
製品に関するお問い合わせ、技術相談等はこちらへ。
PAL
新製品をはじめ最新施工現場などの事例を紹介しています。
PAL
KCコミュニティの
ご案内KC Community
KCコミュニティにご登録いただくと、メルマガにて最新の技術情報や事例の情報をすぐご確認いただけます。
  • お役立ちリンク一覧
  • 排水集合管
ページの先頭へ