活用事例

blog
 
クボタケミックス > 活用事例 > 塩ビ管・継手の基礎知識
建築分野
2016/07/24

塩ビ管・継手の基礎知識

活用事例

塩ビ管・継手の基礎知識

1、塩ビ管の種類

塩ビ管には、大きく分けてVP管とVU管があります。
もともとはVP管だけでしたが、VP管より薄くても使用可能な用途向けの管材としてVU管が規格制定されました。

(1) VP管は一般的に圧力用「上農水道埋設用・建築給水用」に使用されます。
排水用途としてはVUより撓みにくい特性を活かし浅埋設、深埋設に使用することもあります。集合住宅の排水・通気配管にも使用します。

使用温度範囲

常温(5~35℃)

設計圧力(静水圧+水撃圧)

1.0MPa

(2) VU管は、主に排水用途に使用されます。
埋設では自然流下用途「下水用・土木用・排水用」に使用されます。
低層住宅の排水系統にも使用されています。

使用温度範囲

常温(5~60℃)

設計圧力

無圧

(3) HIVP管は塩ビ管の耐衝撃性を向上させております。主に水道用途「水道用・建築給水用」に使用され、低温時(外気温)でも優れた耐衝撃性を維持し、寒冷地や他管工事での衝撃による被害を最小限に抑えます。

使用温度範囲

常温(5~35℃)

使用圧力(静水圧)

0.75MPa

(4)  HT管は耐熱性を向上させた塩ビ管で、高温流体用「給湯用・高温排水用」管材です。
 従来の金属管とは異なり、錆びや腐食による水質悪化や電食、漏電事故などの心配がありません。

給湯用 呼び径50以下

使用温度(℃)

5~40

41~60

61~70

71~90

最高使用圧力(MPa)

1.0

0.6

0.4

0.2

給湯用 呼び径65以上

使用温度(℃)

5~40

41~60

61~70

71~85

最高使用圧力(MPa)

1.0

0.4

0.25

0.15

高温排水用

使用温度範囲

常温(5~90℃)

使用圧力

無圧


2、塩ビ製接着継手の種類(上農水・建築給排水)

継手の種類は、圧力用に使用される「TS継手・HITS継手」と無圧用(排水用)に使用される「DV継手・VUDV継手」があります。
また、高温用には「HT継手(給湯用)・HTDV継手(給湯排水用)」を使用します。

(1) 給水用途
圧力用には、接着代が長いTS受口を採用した継手を使用してください。

(2) 排水用途
排水用途には、接着代が短いDV受口のご使用が一般的です。DV継手はVP管に、VUDV継手はVU管の肉厚に合わせた仕様となっております。

(3) 耐熱用途
耐熱の給水用途にはHT継手を、排水用途にはHTDV継手をご使用ください。尚、HTDV継手は厨房排水には使用できませんのでご注意ください。