活用事例

blog
 
TOP > 活用事例 > 建築設備用ポリエチレン管の「融着レス工法」を共同開発
集合住宅
2016/12/19

建築設備用ポリエチレン管の「融着レス工法」を共同開発

活用事例

(株)クボタケミックスは、マンションの共用給水管向けのポリエチレン管融着レス工法を㈱長谷工コーポレーションと共同開発致しました。


プレスリリースはこちら
発売開始は2017年8月となります。詳細ページはこちらをご覧ください

融着レスシステム 概要
・集合住宅の共用給水管(建物ピット内から立て管まで)を弊社協力工場でプレファブユニットに加工して現場にお届けいたします。
・管材は、耐震性から水道配水用途で普及が進む高密度ポリエチレンパイプ“スーパータフポリ”です。
・プレファブユニット用に開発した専用の接合方法により、融着機等の特別な工具を使用せずに簡単に接合することが可能です。
・さらに、メータまわりユニット製品との接合方法を見直し、配管システムとして省力化・工期短縮を実現いたしました。




Eロック接合、ハウジング接合

現場施工はプレファブ配管を「融着レス」接合するだけで完了します。