Q. HI・SGR-VN継手の寒冷地での水圧試験時の抜け事故事例について教えてください。

pvc-u-9
クボタケミックス > よくある質問 > 水道分野 > Q. HI・SGR-VN継手の寒冷地での水圧試験時の抜け事故事例について教えてください。
  • Q.

    HI・SGR-VN継手の寒冷地での水圧試験時の抜け事故事例について教えてください。

    • 寒冷地で接合後の水圧試験時に、受口から管が抜けて漏水

      原因:接合後、継手の受口部に水が入り、凍結したことによって、水圧試験時に管の抜けが発生した

       

      防止策

      寒冷地や低温状況下(外気温5℃以下になると凍結の可能性があります。)で水圧検査を行う場合には、接合後、受口部に水が浸入しないよう、処置を行ってください。

       

      ・寒冷地で冬期に施工する場合には凍結深度よりも深い位置に埋設し、凍結を防止いただくよう、ご配慮をお願いします。

       

      ・万一凍結によって管が抜けた場合、受口部の凍結を解凍し、再接合後の水圧試験で管の抜け、漏水などの異常がなければ、そのままご使用頂いて問題ありません。


製品・資料検索
  • キーワード検索
  • 品番検索
ピックアップ製品PICKUP PRODUCT

ピックアップ製品

主要製品の詳細と新製品の特長等をまとめました。

PAL
新製品をはじめ最新施工現場などの事例を紹介しています。
PAL
KCコミュニティの
ご案内KC Community
KCコミュニティにご登録いただくと、メルマガにて最新の技術情報や事例の情報をすぐご確認いただけます。
ページの先頭へ