水道配水管(VP)の補修方法について教えてください。

pvc-u-1
クボタケミックス > よくある質問 > 水道分野 > 水道配水管(VP)の補修方法について教えてください。
  • Q.

    水道配水管(VP)の補修方法について教えてください。

    • 既設管に万一事故があった場合は、仕切弁を閉め断水した後、ドレッサー形ジョイントを用いて補修します。

      1.仕切弁による断水

      2.破損部の切断

      3.破損部の補修

      破損部の切断長さより少し短めの補修用短管を用い、ドレッサー形ジョイントを2個用いてそれぞれ接合します。

      (1)   管端外周を軽く外面取りし、接合部がドレッサー形ジョイントの中央にくるようゴム輪の位置の標線を記入します。

      (2)  管に各々の押し輪を通します。

      (3)  接合部を清掃した後、ゴム輪を管に装着します。

      (4)  一方の押し輪の内側端面を標線付近まで移動させ、ゴム輪を標線の位置に設置します。

      (5)  他方の管にスリーブを装着し、管軸を合わせた後、スリーブ、ゴム輪、押し輪を片方に送り、ゴム輪を標線に合わせた後、ボルトをセットし締め付けます。なお、締め付けトルクは40~60N・m(400~600kgf・cm)を標準としてください。

      ここでご紹介した方法は代表的なものです。配管条件、現場条件、用途などにより異なるケースがありますので、詳細につきましては、弊社までご相談ください。

      【注意事項】 

      ・事故の状況によっては不断水で行うことも考えられますが、前述の方法では流水の噴出により補修できません。不断水での補修を行う場合は、市販の不断水形補修継手(鋳鉄製割継手)を用いて行います。

      ・不断水工法として、管を偏平閉塞させて流水を止め補修するスクイズオフ工法は、管に悪影響を与える可能性がありますので行わないでください。


製品・資料検索
  • キーワード検索
  • 品番検索
ピックアップ製品PICKUP PRODUCT

ピックアップ製品

主要製品の詳細と新製品の特長等をまとめました。

PAL
新製品をはじめ最新施工現場などの事例を紹介しています。
PAL
KCコミュニティの
ご案内KC Community
KCコミュニティにご登録いただくと、メルマガにて最新の技術情報や事例の情報をすぐご確認いただけます。
ページの先頭へ