マンホール継手の施工のポイントを教えてください。

pvc-u-6
クボタケミックス > よくある質問 > 下水・土木分野 > マンホール継手の施工のポイントを教えてください。
  • Q.

    マンホール継手をマンホールに接続する際の施工のポイントを教えてください。

    • マンホール継手を施工する際の問題点のひとつとして、「マンホール継手の縦割れ*」が挙げられます。これは主に、マンホール継手が土圧などによる外力を受けて偏平している状態でマンホール内の面仕上げ(Rカット)を行うことによって発生します。

       

      そこで、マンホール継手の縦割れ事故を回避するためには「埋戻し前のRカットの実施」「マンホール継手やマンホール周辺を入念に締め固める」「コンクリート防護を施す」などの対策が必要となります(下図をご参照ください)。

      なお、日本下水道協会規格(JSWAS K-1)では「マンホールとの接合にはマンホール継手を用いる」と記載されていますが、「何らかの理由で定尺管をご使用になる場合は、実際に縦割れが発生している事例があります。」ので、とくに注意が必要です。

      ※可とうマンホール継手を使用し、定尺管を接続した場合は、マンホール内壁側のスキマを充填してから埋戻しを行ってください。


製品・資料検索
  • キーワード検索
  • 品番検索
ピックアップ製品PICKUP PRODUCT

ピックアップ製品

主要製品の詳細と新製品の特長等をまとめました。

PAL
新製品をはじめ最新施工現場などの事例を紹介しています。
PAL
KCコミュニティの
ご案内KC Community
KCコミュニティにご登録いただくと、メルマガにて最新の技術情報や事例の情報をすぐご確認いただけます。
ページの先頭へ