給湯用HT管・継手に油が付着したことによる事故事例

pvc-c-8
クボタケミックス > よくある質問 > 建築設備分野 > 給湯用HT管・継手に油が付着したことによる事故事例
  • Q.

    給湯用HT管・継手に油が付着したことによる事故事例を教えてください。

    • 事故事例

      厨房内などにHT管・継手を配管される場合、食用油などが表面に付着するとその油によって、侵され亀裂漏水事故が生じる可能性があります。

      給湯用HT管・継手には油が付着したことによる事故事例

      給湯用耐熱性硬質ポリ塩化ビニル管・継手(以下、HT管・継手)には
      油を付着させないでください。

      対策

      厨房内にHT管・継手を配管される場合、油が付着しないように配管用カバー等で保護をしてください。

      理由

      HT管・継手は「塩素化塩ビ(C-PVC)」という特別な塩化ビニル樹脂を使用して耐熱性を向上させています。反面、油など一部の物質には鋭敏に反応します。


製品・資料検索
  • キーワード検索
  • 品番検索
ピックアップ製品PICKUP PRODUCT

ピックアップ製品

主要製品の詳細と新製品の特長等をまとめました。

PAL
新製品をはじめ最新施工現場などの事例を紹介しています。
PAL
KCコミュニティの
ご案内KC Community
KCコミュニティにご登録いただくと、メルマガにて最新の技術情報や事例の情報をすぐご確認いただけます。
ページの先頭へ